Blog‎ > ‎

111125

2011/11/25 3:59 に 高井英克 が投稿
 
信州 松本
 
地方に行くといつもワクワクすることがあります。
それは地元の方の料理が食べれることです。
 
先日、長野県の松本市に行き、たくさんの料理を頂いてきました。
 
料理の前にまずは諏訪湖。
花火大会がとても有名ですね。
 
朝の諏訪湖は落ち着きを感じました。
 
 
自分たちのために地元の料理名人といわれるお母さんが用意してくださりました。
器も自前なんです。本当に料理が好きなんだと、嬉しくなりました。
 
手前が煎りなますです。
やさしい酸味で食感供に美味しかったです。
その隣が奈良漬け。
これまたうまい。家庭の漬物は本当にうまいです。
 
 
おでん風の煮しめ。
こういったのが家庭の味の料理ですよね。
 
 
お茶が入った昆布飯
なんとなく懐かしい味がしました。
たくさん食べたくなるご飯です。
 
 
どれも自然に溶け込む味で、こういった料理は受け継がれる料理として
必要な気がしました。
この経験と出会いが自分の目指す道標になります。
 
来月はお節やお蕎麦、おもてなしと盛りだくさん。
 
気合いが入ってきました。
 
お楽しみに・・・・・
 
 
Comments