Blog‎ > ‎

180928

2018/09/29 20:19 に 高井英克 が投稿   [ 2018/09/29 20:20 に更新しました ]

残暑の献立
おもてなし料理の会


残夏盛り合わせ

焼くときも揚げるときも必ずホタテは生を使うことで水分が出にくくベチャッせずに身縮みも防げます。
ジャガイモとチーズと挟んで揚げました。冷めてもとっても美味しいんです。

蛸は明石産 色と張りがとても綺麗です。
東京は八丈島の蛸が有名ですが、名古屋は日間賀島、明石産は全国的に有名ですよね。
炒めたナスと合わせてゆかりで味付け。
冷製パスタやそうめん仕立ての具材にもオススメです。

よく作るお浸しサラダのベースとなるのがこちら。
ほうれん草とうまみと甘みのあるえのきを使うことがポイントなんです。
かぼすを絞って柚子を散らして香り漬け。

鰻は炭火で焼いた鰻屋さんの蒲焼き鰻を使いました。タレがほんのりとついているくらいが鰻の味と焼いた香りがして美味しいからです。
何も言いませんでしたが鰻が違うと気付く人も多く、やはり炭火は焼き味が出るんだなぁ〜と改めて感じた会でした。
群馬の高原レタスで包んで先日奈良から来た友人からいただいた奈良漬を隠し味に包んで蒸しあげました。

鰻のタレで作る餡がさらに美味しくさせてくれます。

 
★蛸と茄子のゆかり和え
★ホタテとジャガイモのチーズ揚げ
★ほうれん草とえのきの橘浸し
★鰻のレタス包み蒸し

10月15日放送のきょうの料理に出演いたします。
久しぶりのテレビで緊張をするかと思いますが(公開収録のため10月1日)お時間ございましたらぜひご覧ください。
10分2献立で日頃の食卓の参考となれれば幸いです。
たくさんの申し込みだありましたこと心より御礼申し上げます。


Comments