Blog‎ > ‎

181104

2018/12/30 23:54 に 高井英克 が投稿   [ 2018/12/31 15:44 に更新しました ]

新宿御苑 菊花壇展2018


案内してくださるガイドは漆原先生。
新宿御苑でもボランティアとしてガイドもなされているん方なんです。

平成最後とのことで建屋に飾られた菊たちが早速とお出迎え。


11月に先生と神子シェフと歩いた際には建設途中段階だったのですがこんな立派に建てており感動。

懸崖作り花壇

野菊が、岩間から垂れ下がって咲いている姿を手本に作り始められ、屋外をイメージして菊の下には松葉を散らしており、野趣を生かした独特の味わいがあります。


伊勢菊

伊勢地方が楽しまれた古典菊で下に垂れ下がって咲く花が特徴です。


丁子菊

盛り上がった独自の花の形が香料の丁子の花に似ている外国人に人気の古典菊

嵯峨菊

王朝文化の結晶の嵯峨菊 京都大覚寺の鑑賞会も有名です。
最も古い古典菊ともされており、花びらが立ち上がるのが特徴です。

続く。

Comments